処分費用を浮かせるときは業者選定が重要

病院によくあるゴミ問題解決なら医療廃棄物の専門業者に相談!

病院から毎日のように排出される医療廃棄物の処理について、問題を抱えていませんか?感染性廃棄物と非感染性廃棄物の分別方法が分からず全て感染性廃棄物として処理している、リサイクル可能なものをゴミとして扱っているという問題も専門業者に依頼すれば解決することが可能です。特にリサイクル可能なものを専門業者へ依頼して現地で現物確認すれば、これまで処分費用を掛けて処理していたゴミを減らせる可能性があります。
特に高いリサイクル技術を有する専門業者へ依頼すれば、多くの専門業者が廃棄物として扱うものを有価物とすることができ、処分費用でマイナスになるのではなく、プラスになる可能性があります。
また、ゴミとして処分する際に悩ましい磁気テープやレントゲン写真、レセプトや請求書など個人情報や社外秘情報が記録されているものを適正にゴミとして処理することもできます。特に個人情報を含むレセプトやレントゲン写真などは、万が一の際に情報漏洩に繋がる可能性があります。しかし、専門業者へ依頼すれば、回収時のその場で裁断処理を行ってくれるなど安心してゴミ処理を依頼することができます。
もし、病院で発生するゴミで処分費用を何とかしたい、個人情報や機密情報の漏洩問題も同時に解決したいというのであれば、医療廃棄物の専門業者へ依頼しましょう。

病院で発生するゴミ処理費用を削減するなら業者を見直そう!

病院で毎日発生するゴミの処理費用を少しでも抑えたいものの、依頼している専門業者に相談しても費用削減が見込めないなら専門業者を見直すのがおすすめです。病院から発生する医療系の産業廃棄物を処分する専門業者といっても、処分するものに得意不得意があります。また、有価物として回収可能な廃棄物も処分費用を払っていることもあります。
しかし、専門業者を見直す際、病院から発生するゴミでも感染性廃棄物と非感染性廃棄物をしっかりと分別でき、有価物の買取対応している専門業者に依頼すればゴミ処理費用を削減することが可能です。これまで、一般廃棄物または産業廃棄物であるものを感染性廃棄物としてゴミ処理を専門業者に依頼している可能性があるため、先ずは医療系ゴミ処理の専門業者に依頼して、現地確認や見積を依頼してみては如何でしょうか?
また、回収方法の見直しにより、これまで毎日のように回収が行われ、回収運搬費が高く請求されているといった問題を解決できるかもしれません。また、専用の回収ボックスを専門業者が準備してくれ、ゴミの分別を効率化できる可能性もあり、コスト見直しにより病院内で発生する分別の手間も改善される可能性もあります。先ずは、見積を複数の専門業者へ依頼して、比較検討によりどれだけ処理費用が減るのかだけでも確認しましょう。